RI2590地区方針

国際ロータリー第2590地区 2019-20年度 地区方針

ガバナー  轟 淳 次

原点を忘れずに挑戦
~入りて学び、出でて奉仕せよを実践しよう~

1.改革の波を加速させ多様性のあるクラブづくりを目指しましょう

自クラブを見つめ直し、今、クラブにとって何が必要なのかを改めて考えていきましょう。
それぞれのクラブに合った改革を進め、会員それぞれの個性を活かして多面的に捉えクラブづくりを全員で支えていきましょう。

2.会員増強と会員維持に努めクラブを強化しましょう。

人がクラブの原動力であり、力となります。人とのつながり無くしてクラブは存続していきません。現在の会員との繋がり、将来に向けた新たな人脈との繋がりを常に考えて行動を致しましょう。

3.研修の意味を改めて考え、取り組んでいきましょう。

ロータリアンとしての行動、ロータリアンだからこその信用、全てはロータリーの理念を知り実感する事で備わります。研修を通じて得たものを会員同士で共有し、互いを高め、磨いていきましょう。一般会員参加可能な地区や各クラブの活動・行動については相互発信で情報共有し、積極的に参加し、ロータリーを知りましょう。

4.ロータリーをよりよく知ってもらい好循環を実現しましょう。

ロータリーの活動をより広く一般に知ってもらうことで活動が広がり、それによって、更に活動の幅が広がります。認知度向上の重要性を再認識しましょう。

5.ロータリー財団プログラムの意義を理解し、寄付に協力しましょう。

寄付目標
・年次基金寄付 一人当たり   150 USドル以上
・恒久基金寄付 (ベネファクター)
30名以下のクラブは2018-20年度の間で 1名以上
31名以上50名未満のクラブは 1名以上
50名以上のクラブは 2名以上
・ポリオ・プラスへの寄付 一人当たり  30 USドル以上

6.ロータリー米山記念奨学事業の意義を理解し、寄付に協力しましょう。

寄付目標
・普通寄付 一人当たり  5,000円以上
・特別寄付 一人当たり 20,000円以上
合計 一人当たり 25,000円以上

7.マイロータリー(My ROTARY)に登録し、活用しましょう。

RIのHPにあるマイロータリーはRIやロータリー財団の情報のみならず、自分自身、又自クラブの現状を確認出来る便利なツールです。会員の50%以上の登録を目指しましょう。

8.ロータリー賞(ロータリークラブ対象)に挑戦しましょう。

ロータリー賞はマイロータリーのクラブ・会員情報の更新とロータリークラブセントラル等のオンラインツールでクラブ達成状況を入力することで、自動的に確認され表彰されます。ローターアクト、インターアクト対象のロータリー賞へも参加を呼びかけましょう。