2016-2017年度 RI会長賞基準

※下記は2016-2017年度のRI会長基準です。赤文字は横浜北ロータリークラブとして達成済み項目です。

必須活動

以下の両項目を達成:

  1. ロータリークラブ・セントラルで少なくとも10の目標を設定する。
  2. 7月と1月のRI半期人頭分担金を期限までに(遅延なく)支払う。

 

会員の増強と維持

My ROTARYの「クラブの運営」にある「クラブ&会員データ」を確認し、My ROTARYから報告した会員データが正確に反映されていることをご確認ください。会員維持に関するデータは、9月以降にMy ROTARYから閲覧可能となります。

以下のうち2項目を達成:

  1. 会員数の純増:小クラブ(会員50名以下)は少なくとも1名の純増、大クラブ(51名以上)は少なくとも2名の純増を達成する。
  2. 会員維持率を前年度と比べ少なくとも1パーセント上げる。または、会員維持率100%を維持する。
  3. 40歳未満の新会員の入会:会員50名以下のクラブは40歳未満の新会員を少なくとも2名、会員数51名以上のクラブは少なくとも4名入会させる。新会員はMy ROTARYのアカウントを作る。

 

財団への寄付

ご自分の寄付、およびご自分のクラブと会員の認証データは、My ROTARYを通じてクラブ役員が参照できるレポートに記録されます。以下の項目中の「26ドル50セント」は、1917年に寄せられた財団への初の寄付と同じ金額であり、ロータリー財団100周年を記念したものです。「536ドル」は、1917年の26ドル50セントを現代の相当額に置き換えたものです。

以下のうち3項目を達成:

  1. 536ドル以上を寄付して財団を支援する。
  2. 各会員が26ドル50セント以上を寄付して財団を支援する。
  3. ロータリー財団100周年を記念してポリオプラスに合計2,650ドル以上を寄付する。
  4. 年次基金に会員一人平均100ドルを寄付する。
  5. 財団100周年を記念し、クラブから財団への合計寄付額を過去5年間で最高の額とする(基金を問わず、全会員からの寄付の合計。ただし、会員一人あたり少なくとも26ドル50セントを寄付)。
  6. ベネファクターと遺贈友の会会員の総数をクラブで少なくとも1名増やす。

 

オンラインツールの利用

以下の項目の全データはRIで自動的に記録されます。

以下のうち2項目を達成:

  1. 全会員の少なくとも50%がMy ROTARYのプロフィールにスキルと関心を入力し、ほかのユーザーが見られるようその情報を公開する。
  2. ロータリーショーケースに少なくとも1件のプロジェクトを掲載する。
  3. ロータリーアイデア応援サイトでプロジェクトへの支援を募る。または、同サイトでプロジェクトを支援する。
  4. 少なくとも2名の会員が、My ROTARYのフォーラムのグループに参加する。

 

人道的奉仕

以下のうち3項目を達成:

  1. ロータリー地域社会共同隊(RCC)を提唱し、地域の人びとの参加を促し、プロジェクトを持続可能なものとする。留意事項:RCCは国際ロータリーの認定を受けている必要があります。クラブがRCCを提唱/共同提唱していることがRIに記録されているかどうかは、会長がロータリークラブ・セントラルのレポートで確認できます。記録に誤りがある場合は、rotary.service@rotary.orgにご連絡ください。
  2. クラブで少なくとも1名の会員が、理事会公認のロータリアン行動グループ(www.rotary.org/ja/actiongroups)のメンバーである(クラブがロータリークラブ・セントラルで報告する)。
  3. 少なくとも1件のグローバル補助金または地区補助金の提唱者となる。留意点:クラブがグローバル補助金の提唱者となっているかどうか、または地区が申請した2016-17年度地区補助金の使用計画にクラブが提唱者として含まれているかどうかは、地区に連絡してご確認ください。
  4. 少なくとも1名の会員が、補助金管理セミナーに出席する(クラブがロータリークラブ・セントラルで報告する)。
  5. ロータリーの奉仕のパートナーの一つと協力してプロジェクトを実施する。留意点:ロータリーには、プロジェクトにおいてクラブと直接協力できる複数のパートナー(協力組織)があります。奉仕のパートナーの最新リストは、www.rotary.org/ja/partnersをご参照ください(クラブがロータリークラブ・セントラルで報告する)。
  6. 少なくとも1つの企業、政府・地方自治体、非営利団体と提携してプロジェクトを実施する(クラブがロータリークラブ・セントラルで報告する)。
  7. 同じ地域にある5つ以上のロータリークラブと協力し、より大規模で、注目を集めるプロジェクトを実施する(クラブがロータリークラブ・セントラルで報告する)。

 

新世代

ローターアクトクラブまたはインターアクトクラブは、国際ロータリーの認定を受けている必要があります。クラブがローターアクト/インターアクトクラブを提唱/共同提唱していることがRIに記録されているかどうかは、会長がロータリークラブ・セントラルのレポートで確認できます。記録に誤りがある場合は、rotaract@rotary.orgまたはinteract@rotary.orgまでご連絡ください。

以下のうち3項目を達成:

  1. ローターアクトクラブのスポンサーまたは共同スポンサーとなっている。
  2. 地域社会を基盤とするローターアクトクラブのスポンサーまたは共同スポンサーとなっている。
  3. インターアクトクラブのスポンサーまたは共同スポンサーとなっている。
  4. 少なくとも1名の会員が、ローターアクターまたはインターアクターのメンターとなる(クラブがロータリークラブ・セントラルで報告する)。
  5. クラブのプロジェクトやイベントにローターアクターまたはインターアクターが関与する(クラブがロータリークラブ・セントラルで報告する)。
  6. 少なくとも1名のロータリー青少年交換学生を派遣または受け入れる(クラブがロータリークラブ・セントラルで報告する)。
  7. RYLAに参加者を派遣する(クラブがロータリークラブ・セントラルで報告する)。

 

公共イメージ

ロータリークラブ・セントラルを通じて達成状況を報告する必要があります。

以下のうち1項目を達成:

  1. ロータリー、および財団100周年について地域社会の人びとに知ってもらうためのイベントを主催する(クラブがロータリークラブ・セントラルで報告する)。
  2. クラブのプロジェクトを地元メディアで取り上げてもらう(クラブがロータリークラブ・セントラルで報告する)。
  3. 少なくとも1回のクラブイベント、プロジェクト、募金活動に地元メディア関係者を招く(クラブがロータリークラブ・セントラルで報告する)。