活動紹介

五大奉仕

クラブ奉仕
奉仕の第一部門である「クラブ奉仕」は、本クラブの機能を充実させるために、クラブ内で会員が取るべき行動に関わるものである。

職業奉仕
奉仕の第二部門である「職業奉仕」は、事業および専門職務の道徳的水準を高め、品位ある業務はすべて尊重されるべきであるという認識を深め、あらゆる職業に携わる中で奉仕の理念を実践していくという目的を持つものである。会員の役割には、ロータリーの理念に従って自分自身を律し、事業を行うことが含まれる。

社会奉仕
奉仕の第三部門である「社会奉仕」は、クラブの所在地域または行政区域内に居住する人々の生活の質を高めるために、時には他と協力しながら、会員が行うさまざまな取り組みから成るものである。

国際奉仕
奉仕の第四部門である「国際奉仕」は、書物などを読むことや通信を通じて、さらには、他国の人々を助けることを目的としたクラブのあらゆる活動やプロジェクトに協力することを通じて、他国の人々とその文化や慣習、功績、願い、問題に対する認識を培うことによって、国際理解、親善、平和を推進するために、会員が行う活動から成るものである。

青少年奉仕
奉仕の第五部門である「青少年奉仕」は、指導力養成活動、社会奉仕プロジェクトおよび国際奉仕プロジェクトへの参加、世界平和と異文化の理解を深め育む交換プログラムを通じて、青少年ならびに若者によって、好ましい変化がもたらされることを認識するものである。

 

ロータリー財団

ロータリー財団は、ロータリークラブ会員(ロータリアン)からの寄付を、世界中の人びとへの奉仕に役立てています。時間と資金、そして職業人としての経験と知識を生かして奉仕活動をするロータリアンの世界的ネットワークを通じて、寄付は、ポリオの撲滅や平和の推進といったロータリーの優先活動のために有効に活用されています。また、財団の補助金は、ロータリアンが貧困、識字、飢餓などの問題に持続可能な方法で取り組むことを可能とします。
公益財団法人ロータリー日本財団

 

ロータリー米山記念奨学会

公益財団法人ロータリー米山記念奨学会は、勉学・研究のために日本に在留している私費外国人留学生に対し、日本全国のロータリアンからの寄付金を財源に奨学金を支給し支援する、民間の奨学財団です。
公益財団法人ロータリー米山記念奨学会

 


横浜北ロータリークラブ 活動紹介(2016-2017年度)

東日本大震災 被災地支援活動

横浜F・マリノスの東日本大震災被災地支援活動に協賛。
岩手県山田町の子ども達および保護者、約30名を2016年7月30日(土) 名古屋グランパス戦に招待。

東日本大震災 被災地支援活動 集合写真
集合写真

 

東日本大震災 被災地支援活動 選手入場待ちの子どもたち
選手入場待ちの子どもたち

 

東日本大震災 被災地支援活動 選手とタッチ
選手とタッチ

 

スリランカ洪水被災地支援

2016年5月にスリランカで発生した洪水被災地の支援のため、8月19日~26日の日程で森国際奉仕委員長、摩尼会員、西山会員の3名および摩尼会員が経営する幼稚園職員10名で友好クラブであるスリランカのコロンナワロータリークラブに訪問し、会員有志による義援金を手交。コロンナワロータリークラブのソーマワンサ氏が運営する幼稚園を訪問し、現地の園児ならびに職員と交流。

スリランカ洪水被災地支援 義援金の贈呈
義援金の贈呈

 

スリランカ洪水被災地支援 現地子どもたちの歓迎の踊り
現地子どもたちの歓迎の踊り

 

スリランカ洪水被災地支援 ソーマワンサ氏と現地の子どもの鼓笛隊
ソーマワンサ氏と現地の子どもの鼓笛隊

 

拡張型心筋症幼児への心臓移植費用を募金

2016年10月13日 (木) 拡張型心筋症の幼児、森川 陽茉莉 (もりかわ ひまり) ちゃんへの心臓移植費用を会員有志により募金。また地元メディア(タウンニュース港北区版)に取り上げてもらい募金拡散に寄与。

ひまりちゃんに心臓移植を

 

地区補助金を使った障害児地域訓練会の支援

2016年10月16日 (日) 地区補助金を使ったプロジェクトとして、障害児地域訓練会「ラビッツ」に、映像・映写機器、DVDプレイヤー、画材を贈呈。当日、児童6人、保護者6人、当クラブ会員5名が菊名神社に集まり、贈呈式と試写会を開催。石川國樹宮司より出席者の健康祈願の祝詞をいただいた後、ラビッツ 鈴木由紀子代表に目録を贈呈。写真の試写を兼ねて、鈴木代表から、会での活動内容をご説明いただいた。自宅では作成できない巨大な製作物をみんなで作成したり、X‘mas会などイベント、水族館などテーマパークへの遠足を通して、保護者、障がい児とその兄弟姉妹、学生ボランティアが、大きな家族のように強い絆で結ばれているのがとても印象的でした。

地区補助金を使った障害児地域訓練会の支援 中村会長から鈴木代表へ目録贈呈
中村会長から鈴木代表へ目録贈呈

 

地区補助金を使った障害児地域訓練会の支援 集合写真
集合写真

 

新横浜ハマロードサポーター活動に参加

2016年10月19日(水) 新横浜駅周辺の清掃活動(新横浜町内会主催)に参加。地域のボランティア団体と行政が協働して、身近な道路の美化や清掃を行う。

新横浜ハマロードサポーター活動に参加

 

横浜市地域訓練会れいんぼー主催 「X‘mas会」に参加

2016年12月25日(日) 安藤サンタのリアルさと、嶋村サンタの怪しい黒サングラスのせいで、大泣きする子ども続出。

横浜市地域訓練会れいんぼー主催 「X‘mas会」に参加

 

財団100周年記念事業 ポリオ撲滅・障がい者支援チャリティーマラソンの支援

2017年2月11日(土) ポリオ撲滅と障がい者スポーツ振興を目的として、身体障害者による車椅子マラソンと一般参加者によるチャリティーマラソンを開催。主催は第2590地区。当日780名が参加。当クラブから横浜市身体障害者団体連合会と川崎市身体障害者協会に車椅子4台を贈呈。

財団100周年記念事業 ポリオ撲滅・障がい者支援チャリティーマラソンの支援

 

青少年奉仕

2017年2月18日(土) 野島青少年研修センターにて1泊2日の日程で開催されたロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)に会員の令嬢とその友人、計2名を派遣。
 

「子育て応援隊」缶バッジ作成支援

2017年4月4日 (火) 創立37周年記念例会にて、会員有志から募金した「子育て応援隊」缶バッジの作成費用を、港北区地域子育て支援拠点「どろっぷサテライト」に贈呈。

「子育て応援隊」缶バッジ作成支援

 

障害児地域訓練会の親子をホタル観賞会に招待

2017年6月6日(火) 横浜市港北区の障害児地域訓練会「ラビッツ」と「れいんぼー」の親子を会員宅に招待し、ホタル観賞会を開催。4月に発足した高木学園女子高等学校インターアクトクラブに調理と配膳をお手伝いいただいた。両訓練会の今年の参加者は昨年より増えて約50名。都市部でも夏の風物詩「ホタル」を身近に感じてもらえるこの機会を今後も提供していきたい。

障害児地域訓練会の親子をホタル観賞会に招待

 

馬頭琴の演奏

 

馬頭琴の演奏

 

 
【横浜北ロータリークラブ 活動紹介(過去の年度)】一覧へ